2km走ってへばってた僕が砂漠250kmを走れるようになった理由

こんにちは!今井です。

アタカマ砂漠マラソンについて話をしたら言われてしまうのが

”大変なアタカマ砂漠マラソンをチャレンジするのりさんってすごい”って類の言葉。過酷なアタカマ砂漠マラソンを僕だからできるんじゃないかと思われてしまうことがあります。

(どれくらい大変なことなのかは、よければこの動画 https://youtu.be/wwn1jvEWxcM  をチェックしてくれたら)

日頃のコミュニケーションで「まあ平気平気!」とか言っちゃうところがあるけど、

実は、僕はもともと走るのは得意じゃないです。

部活は文学部だったし、ぶっちゃけ2㎞走るだけでへばってました。笑

高校生との約束がきっかけで走ることをはじめて、今では仕事が忙しい日々の中で毎日荷物7キロ背負って10キロ走っています。

けっこうつらいです。笑

なぜ日々こんな大変なことをやっているのか。 自分でもマラソンは「やりたくないな」と思うときも結構あります。

マラソンは僕にとってはどちらかといえば「やりたくないこと」かもしれません。

だけど、挑戦するのは面白いし継続するごとに力になってる気がしています。



2kmでへばってた僕がトレーニングをしてマラソン走れるようになって

250キロもあったサハラ砂漠マラソンを走れたのは応援してくれた多くの人いたからです。


そして、挑戦する大人の姿を高校生に見せたいと思ったからでした。




今年はアタカマ砂漠マラソンもチャリティーで760万円の寄付もいただいてます。

本当にありがたい。

みなさんの気持ちは、走るときの僕のパワーになっています。

 

みんなの応援がないと走ってないしアタカマ砂漠マラソン挑戦していません。


日本出発まで残り3日で大会までは残り8日。全力でやっていきます。

TOP